財産の【 健康診断 】は相続対策の第一歩です!

昨日、広島にて相続勉強会を行いました。
今回のSTEPは 相続税の基礎 と 不動産の評価方法 でした。
今回も皆様熱心に学んで頂き、講師としていつも以上に気合いが入った勉強会です。

そこで皆さんへ質問です。
健康診断や人間ドックなどで定期的に身体検査はされていますか!

私は年に1回は定期健診するようにしています。
しかしなぜ健診するんでしょうね… いろんなお考えがあると思いますが、
基本的には 健康ではない場所を早期発見して対処する為 ではないでしょうか。

では相続において 財産の健康状態 は把握されてますか?
ほとんどの方が、確定申告で全体は把握している。とお答えの方が多いですが
それは身体で例えると 熱があるかないか という問題であり、原因がわかっていない状況です。
この状態で放置するのは危険ですよね。

財産も同じです。確定申告で全体を把握しているだけでは 木を見て森を見ず
となってしまいます。
財産の中で特に不動産資産は単体ごとに下記3項目を把握する必要があります。
・相続発生時の相続評価額  
・実勢価格(いま売却した場合の相場価格) 
・キャッシュフロー(年間の収入と支出)

今回のSTEPでもお話しさせて頂きましたが、相続対策はまず財産の一覧を作成する
ところから始まります。
財産の一覧を作成する事で、概算で相続税が発生するかどうかを把握します。
また、財産の中で 優良財産 と 不良財産 の仕分けが可能となります。
遺産分割の為の家族会議を開催させて頂く際にも、財産の一覧があると話はスムーズです。
※納税通知書等では地番だけが羅列されていて、地図上での特定が難しい?また、
どの地番を足したら自宅の土地全体に該当するのか?など、明確に把握ができません。

私が考える相続対策は
①争族対策(誰に何を分けるかを決める)
②納税資金の把握
③節税
です。

対策を進めるにあたり、財産の一覧がないと②も把握できませんし、①の際に何を分けるのか
判断する際の一覧(パッと見てわかる)がありません。

是非皆様には相続対策のスタートとして 財産の健康診断 からお取り組み下さい。
弊社にも診断サービスがありますので、ご要望が在りましたら気軽にお問合せ下さい!

 

この記事を書いた人

matsushita