揉めない相続対策は事前の対策に勝るものはない!

今回は企業様から社内研修として相続勉強会講師の依頼の最終パートでした!
約3ヵ月に渡り数回に分けて、相続を広く浅く学ぶ内容で開催致しました。

受講者のみなさんは年齢が私より若い方も多く、相続の事は聞いたこともないだろうな~
と感じていたのですが、休憩時間に会話をさせて頂くと、父から相続で揉めていると聞いた…
とご意見を頂いたりと、相続は本当に身近にも起きている事実を知り、揉めない為に事前に
行う相続対策 の必要性を強く感じた次第です。

タイトルにあるように、相続対策においては、後回しにするメリットは一つもありません。
事前対策こそが全て だと言い切っても良いと私は考えています。
揉めることなく、資産を次の世代に継承する為には、資産の大小も関係ありません。
ご自身の資産を誰に継がせるのか 決めていない場合は特に揉めている事例が多い
この現実を知って頂きたいです。

私の子供はまだ小学生と年少です。 お菓子やテレビチャンネルなどで良くケンカしています。
その時に仲裁に入り 判断する のは私や妻である  ですよね。
今回は長男に… 今回は次男に… 理由と合わせて理解させるように話しています。

相続においても同じ事例だとご認識頂きたいです。
親から子供に財産を渡す(あげる)事が、相続における出来事だと考えた場合、
子供達で好きに分けなさい となった場合、分ける事ができる財産であればいいですが、
不動産などは分ける事が出来ませんよね。

決めていない状況で本当に 我が家は揉めない と断言できますでしょうか?

ご自身で築かれた財産ですから、誰に渡しても自由だと私は考えます。
大切なことは 決める事 です。 決めずに判断を人に任した時 に問題は起きてしまいます。

まずは 自分の財産は自分でどうするか決める! という認識で相続に向き合って頂きたいです。

ただ相続においては分からない内容が多いと思いますので、弊社はそのような方の為に存在します。
士業の先生とはまた違う角度から、相続のアドバイスをさせて頂きますので、
お困りの際はお気軽に問い合わせください!

 

 

この記事を書いた人

matsushita