相続を勉強している方が陥る問題点とは

相続において全ての知識を頭に入れる事は難しいと感じます。私も法律的にまた実務的に不足する部分は沢山あると感じています。
ただ、それで良いと思ってます。
重要なことは 不足する部分をどう補っていくのか 対策されているか だと考えています。

相続の勉強会やコンサルティングの現場において、相続税が発生する資産をお持ちの方は少なからず相続に触れていらっしゃる傾向です。ですから、近くにいる税理士さんや司法書士さんというパートナーからのアドバイスを受けている事で知識も豊富です。

私は相続の対策において 遺産分割をどう行うのか を主として考えています。
節税はその後で十分対策が可能です。
特に不動産資産をお持ちの方の場合、節税対策が先になると遺産分割が非常に難しくなるケースがありますので、まずは 木を見て森を見ず とならないように全体を見た上でその対策がベストかどうかの判断を行って頂きたいです。

また、もう一つ気を付けないといけない事は、 節税等の対策は何のための行っているのか という目的が明確かどうかですね。
相続税がかかるので節税した方がよいと言われたから・・・では目的がありません。
結果的に、相続税が支払えるだけの現預金があると把握できている状況であれば、急いで節税する必要はないと私は考えます。
私はそれよりご自身の人生をもっと充実する為にお使い頂きたいです。
そして、家族が揉める事のない遺産分割の方向性が確定しているかを最優先で考えて頂きたいです!

ケイアイアセットメントは遺産分割で揉める相続事案が1件でも無くなるよう、相続勉強会や個別相談で皆様に相続を学んで頂くきっかけ作りをしております。
誰に相談したらいいか分からない。
相続において何を相談したらいいか分からない。 
とお考えの方が非常に多いですよね。 そういう方の為に弊社は存在します!
何事も最初は少しの勇気で解決します。 是非お気軽に一歩踏み出して頂きお問合せ下さい。

この記事を書いた人

matsushita

matsushita