2次相続での遺言書の必要性を考える

今回は相続勉強会に参加頂いた方から個別相談がありました。2次相続において兄弟姉妹間の遺産分割で意見が食い違って問題になっており何とか解決したいという要望です。
詳細をここではお話しできませんが、私が感じた事は 2次相続時の遺言の必要性 ですね。

1次相続というのはご両親のどちらかに相続が発生する事です。という事はもう一方のご両親はご健在である状況で遺産分割が行われます。この場合は兄弟姉妹間でも 言いたい事もあるけれど…残された両親を支えていこう となる事が多いです。 しかし、2次相続においては両親という支柱といいますか砦といいますか、がまんする理由がなくなってしまいますので、兄弟姉妹間で遺産分割(話し合い)を行うと過去からの不満などが噴出し、揉めて疎遠になってしまいます。
相続の現場において一番悲しい結果です。でも財産を残されたご両親はそのような結末を望まれてない事は明確ですよね。

私は残す(引き継ぐ)目的を明確にしない財産は、残された家族の為にならないと感じています。

なぜか? 揉めるからです。

今この記事をお読みの方も うちは揉めるわけないよ。 と思っていらっしゃるでしょう?
揉めますよ。誰に何をどのように残すかを決めていない場合は特にその可能性は高まってしまいます。

また相続の現場において感じる事ですが、2次相続においては遺言だけでは足らないと思います。
事前に家族内で話し合っておく事が最も重要です。
相続の最終判断は感情ですから。そしてもらう側も感情で判断しますから。
ですから遺言書などの文字は感情が伝わりにくいのです。

1次相続と2次相続で準備は少し違ってくるという事ですね。

弊社は相続のプランニングから家族会議の支援まで 揉めない為の相続対策 を主としてご提案しておりますので、情報収集の意味も含めてお気軽に相談下さい。

そしてみなさん、今お元気なうちに相続を学びましょう!

この記事を書いた人

matsushita