人生を後悔しない為に

皆さんは人生の後悔って何だと思われますか。 またそれはいつ強く感じるのでしょうかね。 考えた事はありますか。
最近は本以外でも、いろんな情報が収集できますから、正しいとか間違っているという事ではなく、私が思う事として書かせて頂きます。

今この瞬間 あなたの人生での後悔はなんですか? と聞かれたら…どういう回答がでてくるでしょうか。 私は、プロ野球選手の夢にチャレンジしなかったなーと思う事から、ずっと英語を話したいと思っている事、興味のある釣りや楽器演奏などにチャレンジしてない事など・・・結構出てきますね(笑) そして後悔のタイミングを考えてみると、たぶん人生の最後を迎える時なんだと思います。もしかしたら病気で余命を告知された時かも知れませんし、年を重ねて思うように動けなくなった時かも知れません。
しかし、今はなんとなく いつかやればいいや 時間が出来たらやろう 定年したらやろう とか考えている私がいます。

人生の最後に思う事には もっとやりたい事をやっておけば良かった 自分らしく生きたら良かった など意見があるようです。 皆様はどうでしょうか。後悔しない日々を送られていますか?
思い当たる事がある という方は今ならまだまだ間に合います! 是非やりたい事にチャレンジしてはどうでしょうか!

そして他には 家族に対する想い という意見もあります。 大半の方は家族に対して心に想っている事はあると思うのですが、残念ながら想っているだけでは相手に伝わらないんですね。言葉にするとか、文字に残すとか、目に見える形にする必要があります。皆様はどうでしょうか。想いは伝わる方法で残されていますか?

想いを形にするという事で、相続のコンサルティング依頼を頂いて感じる事があります。
お手伝いさせて頂く際にはまず、家族に対する想いをお聞きして、自宅等財産はどうしたいか考えを聞いて、揉めないプランを主としての道標を何通りか考えて、家族会議を支援させて頂いて、遺言書を残すまで、お手伝いさせて頂く流れの中で、少なくても依頼者の方が後悔する事はないと私は確信しています。
相続対策を進める事で、家族の為に残したい想いが形になりますので、結果的にすべて伝わる事になります。

皆さんも是非 人生の最後に後悔がないよう 相続について考えましょう!
ご自身の家族は本当に大丈夫ですか?本当に問題はないですか?と自問自答頂き、少しでも不安がある場合は、まず相続学んで下さい。
相続を学ぶ事で、間違いや勘違いが修正され、最終的に不安が安心に変われば万事OKですよね!

ケイアイアセットメントでは定期的に相続勉強会を開催し、個別相談なども行っています。 お気軽にお声がけ下さい!

この記事を書いた人

matsushita

matsushita